情報エンジニア科 パソコンメンテコース
Personal computer maintenance course

あらゆるパソコンに精通した、一流のメンテナンス技術を習得する

Personal computer maintenance engineer

初心者でも扱えるパソコンが増えたことにより、パソコンに関するさまざまな問題が起こるようになりました。
基礎から最新技術の応用知識までを修得し、どのようなトラブルにも柔軟に対応できる力を養います。

パソコンメンテナンスコースの特長

パソコンをゼロから製作する授業が魅力、仕組みやメンテナンス方法を実際に経験できます

パソコンの爆発的な普及により、会社には数十台・数百台のパソコンが配備され、個人でも1人に1台あって当たり前の時代となった現在、パソコンに関するトラブルは多種多様になっています。そこで必要になるのがパソコンメンテナンス技術。
本コースでは、トラブルへの対応力や、トラブル回避のための知識を身に付けるため、パソコンをゼロから制作しハードウェアやOS、インターネットの仕組みとメンテナンス技術を磨く授業の一環で、世界で自分だけのパソコンが組み立てられます。

パソコン整備士を目指せる4つの理由

Reason 1

パーツをカスタマイズすることが出来る

パーツ個々の知識に加えて、その組み合わせによる結果を想定できるため、実に多様な実力が身に付きます。さらにカスタマイズできる能力は、社会からのニーズも高く活躍できるステージが広がります。

Reason 2

オリジナルパソコンの製作技術が上がる

故障部位の特定やパソコン修理の技術を習得するため、本コースではオリジナルパソコンの製作を授業で取り入れています。
これによってパソコンの分解・組立て方法の習得やパソコン整備士の資格取得のためにも役立つノウハウが学べます。

Reason 3

メンテナンススキルが2年で身に付く

「体験する」ことに重きを置いた実習を行っています。機械相手に手を動かし頭を使った分だけ技術が身に付きます。実践的な実習の積極的な導入により、2年間でしっかりメンテナンス技術が身に付きます。

Reason 4

就職できる分野が広がる

パソコンメンテナンスに関するトータルな技術や知識が習得できるため、 パソコンメンテナンス会社やシステムインテグレータはもちろん、一般企業のパソコン管理者としても力が発揮できるので、将来の選択肢は多岐に渡ります。

Pick up授業
パソコンメンテナンス実習
パソコンをカスタマイズ自分だけのパソコンを作る

ネットワーク通信主体で使用するパソコンや2D・3DのCGを創作するパソコンなど、目的に応じたオリジナルのパソコンを作ることができる授業です。自分の目指すパソコンを作ることで、実践的なパソコンメンテナンスの技術を総合的に身に付けます。

ネットワーク実習
あらゆるものがネットワークに接続される 世の中で必須の技術を身に付けます

OSI基本参照モデルやプロトコルの必要性と動向、ネットワークの種類など、ネットワークの全体像を知るために必要なネットワークシステムの構成と構築技術を身に付けます。