電子工学科 電子コース
Electronic course

電子機器の理解を深めて、電子工学をトータルで学ぶ

Electronic engineer

世の中の至るところに使われている電子機器の基本・電子工学について、総合的且つ専門的に学びます。
CPUを用いたマイコンを実際に作成するなどで、電子回路設計技術やデザインセンスを身につけ、
未来で活躍する人材を育成します。

電子コースの特長

ニーズがますます高まる電子工学の領域で
頭ひとつ抜け出た技術者を目指しましょう。

エレクトロニクスと情報科学に関する最先端の知識と技術を身に付け、全く新しい技術や知識を生み出せるプロフェッショナルな技術者を育成します。
次世代の電子デバイスやコンピューター、通信、電気エネルギーなど、産業社会の基盤となる知識を基礎から応用まで、しっかり身に付けることができるので、IT会社やシステム会社などで即戦力として活躍できます。

回路設計者を目指せる4つの理由

Reason 1

“今”必要な電子機器の 知識が身に付く

身の回りにある電子機器の仕組みが分かる授業がたくさんあり、基礎から応用まで学ぶことができます。現在の社会における電子機器のニーズは何か、そのための開発はどのように進めることがベストかなど、実際の現場でも役立つ考え方と知識が身に付きます。

Reason 2

最前線を知る教師が 現場のリアルを教える

OECには回路設計者として実社会で活躍していたプロの教師が多数存在します。現場の最前線を知るからこそ教えることができる授業は、どんな教科書よりも重要で役立つ話ばかり。本物の教師から技術やノウハウを学ぶことで、社会人1年目から活躍できます。

Reason 3

常に新しい情報や技術を 知ることができる

ITの世界では毎日どこかで常に技術革新が起こっていると言っても過言ではありません。過去の経験や技術が使えなくなるなんてこともよくあります。しかし、OECでは常に、学生に向けて教師から最新の動向や流行している技術を紹介したり、授業に反映させたりしているので、卒業後も自分の技術に自信を持つことができます。

Reason 4

全ての分野で専門的な 技術が身に付く

コンピュータ機器やハードウェアに関する導入・保守と、ソフトウェアなどコンピュータ・プログラムの導入や調整といった専門的な分野のそれぞれに、担当の教師がいるため、各分野を広く深く学ぶことができます。

Pick up授業
インターフェース授業
マイコンなどの応用機器に
プログラムを組み込む技術が修得。

むき出しの一枚のプリント基板の上に、電子部品と最低限の入出力装置を付けただけの極めて簡素なマイクロコンピュータ(ワンボードマイコン)を使って、ワンボードマイコンの製作に取り組みます。その後、自動車や測定器、ゲームなど、マイコン応用機器が組込めることができる技術が身に付きます。