沿革
History

大阪電子専門学校の歴史
History

次世代のプロフェッショナルを育てるために。
大阪電子専門学校70年の歴史と実績が、あなたをサポートします。

大阪電子専門学校が全力サポート

沿革
History

1946年 10月 創立者 木村 實 先生によって「大阪ラジオ電波研究所」として設立。
1957年 3月 「近畿電波技術学校」と校名変更。
1965年 3月 学校法人「木村学園」の設立認可を受け、「学校法人立大阪電子専門学校」に改称。
1966年 3月 第1号館、鉄筋高層校舎建設。電子計算機を設置。
1968年 9月 第2号館校舎建設。
1971年 9月 直轄学生寮計画にもとづき第3号館・富雄学生寮を完成。
1974年 4月 校舎施設充実のため第4号館校舎を建設。
1976年 4月 専修学校制度の発足に伴い、いち早く専門学校に昇格認可され、創立30周年記念事業として第5号館(旧学園本部)の建設に着手。電子工学科において、第2級陸上無線技術士および、第1級総合無線通信士の予備試験免除の認定校となる。
1977年 2月 放送施設、映像設備、コンピュータ等最新の設備を整えた7階建ての第5号館が完成。各界から注目を集める。
1982年 3月 マイコン実習室と音響設備の第6号館(5階建)を完成。
1982年 10月 「ドイツ青少年指導者セミナー」の代表9名が、わが国職業教育の代表校として本校を視察。
1983年 12月 音響スタジオにSTUDER社(SWISS)製24chマルチレコーダーを輸入設置。SOUND CRAFT社(ENGLAND)製24chミキシングコンソールとのシステムアップにより業務用録音スタジオとしての機能を備える。
1984年 3月 高度情報化時代に備え日立製作所製HITAC M-160、TSSオンラインシステム導入。就職指導室の拡充等を基本設計とする「第7号館総合校舎(6階建)」を完成。
1984年 4月 マイコン応用による多目的実習を全学科に実施。気象衛星受信システム設置。
1985年 4月 OA、FA、ニューメディアなど先端技術修得のため新鋭実習教育機材を逐次導入。産業用多関節ロボットA1610。ホログラフィHG-800。データ通信設備(RTTYなど)。PA・実習機材YAMAHA PM-2000-24ほか。
1988年 4月 情報処理科拡充のため、CAI教育対応のパソコン設備を増設。さらにHITAC M-240H大型電算システム導入。
1991年 5月 工事担任者国試の基礎科目免除校となる。
1991年 7月 音響レコーディングスタジオに、教育界初・40chコンピュータミキシングコンソール導入(英国AMEK社MOZART40IN/32BUS)。
1993年 8月 21世紀の高度情報社会に対応した技術教育の環境を整備するため、各校舎を統合した先進テクノロジーワールド総合校舎(地上9階建)完成。情報処理科、電子工学科実習のための最新コンピュータシステム導入。本格PA実習室として「クリスタルホール」、映像システムを設置したインテリジェントホール「ミツルホール」など新設。
1995年 1月 「専門士」の称号付与。
1996年 8月 第2級陸上特殊無線技士長期養成課程認可校となる。
1996年 10月 「情報化人材育成学科」認定される。創立50周年を迎える。
1997年 4月 「舞台機構調整技能士」「電子機器組立技能士」労働省国家資格指定校により受験資格の取得。文部省より依頼された国費留学生の受入を始める。
1998年 3月 通産大臣より第2種電気工事士養成施設の指定を受ける。
1998年 9月 文部省認可CG-ARTS協会よりCG教育校として認定。DML(デジタルメディアラボ)を完成。
2000年 8月 工事担任者デジタル1種養成課程の認可を受ける。
2001年 7月 LAN工事からルーター、各種サーバーの設定までの総合的な実習ができるネットワーク実習室を完成。
2002年 7月 音響照明システムをリニューアル。
2004年 7月 国土交通省より、2級電気工事施工管理技術検定受験資格認定校となる。
2005年 2月 国土交通省より、1・2級電気工事施工管理技術検定受験資格認定校となる。
2006年 3月 基本情報技術者と初級システムアドミニストレータの午前試験免除認定を受ける。
2016年 10月 創立70周年を迎える。
2017年 8月 プロダクトデザインコースの実習環境「M.Edison Lab」オープン

学校紹介動画
History