情報エンジニア科 プロダクトデザインコース
Product Design Course

3DCADを自在に操り、
「アイデア」から「オリジナル製品」を創造するスキルを身に付ける。

Product design engineer

手軽に試作品が出力できる3Dプリンターの登場は、
完成までに何度も試作品用の金型製作などを繰り返し、
莫大な費用を必要としていた従来のモノづくりの在り方を大きく変える出来事でした。
OECでは、ただ3DCADソフトを使ってコンピュータ上で製品の設計を行うだけでなく、
3Dプリンターなどを利用して実際に手に取れるサンプルを作成し、
アイデアや改善点などをより具体的に可視化しながら、
「デザイン性」や「使いやすさ」などを追求し、
今までになかった製品を生み出す技術と感性を養います。

Renewal プロダクトデザインコースの特長

プロダクトデザイン
3DCADソフトとプリンター

3DCADソフトと3Dプリンター

3DCADソフトは、製品の設計図をもとにコンピュータ上でシミュレートすることで、実際の完成図をイメージしやすくしたり、動作するパーツ同士が互いに干渉しないかなどの検証ができる設計ソフトです。
そしてその作成した設計図は、3Dプリンターを使って造形物として出力することができます。
OECでは、まず立体や平面のデッサンを通じて空間把握力・図面の書き方の基礎などを身に付け、3DCADなどのソフトの扱い方を習得することで、コンピュータ上で表現できるようにステップアップを図ります。
そして自分のイメージを形にしたものを実際に出力・製作することで、商品開発の一連の流れを理解して実践力を高めます。

新生プロダクトデザインコースを支える先生対談
南 大成先生 フリープロダクトデザイナー × 大音 和豊顧問 モノプラス株式会社 代表
小堀 :
デザイナー発信で立体デザインを追求した設計図を書き、後からそのデザインに適した基板や配線を作成して組み込んでいく製品と、既存の部品を利用してその外装をデザインして組み立てていく製品。今の現場ではどちらの要求が多いのでしょうか。
南 :
既存の部品を利用するパターンが多いので、「デザイン+α」の知識がある人材なんですよ。ただ、そういった人材が非常に少ないのが現状です。そこで、製造業の観点に詳しい大音さんと、デザイナー観点の私で相談しながらこれからの現場で求められる人材を育成するカリキュラムを作りました。
大音 :
そうですね。本コースでは電子分野の基本的な知識を持ったプロダクトデザイナーを育成できると思います。IoTやAIの活用が進む現在において、幅の広いプロダクトデザインができる人材になると期待しています。
小堀 :
ものづくりは、クライアントから隠れたニーズを引き出したり、他社と共同プロジェククトで進めるために打ち合わせをしたり、コミュニケーション能力が非常に大切になりますよね。様々な業種の関係者とのコミュニケーションが円滑に行えないと、途中でトラブルになったり、せっかく完成してもクライアントの要望に沿わないモノになったりますよね。
南 :
他にもIT分野の知識は必要不可欠ですね。大阪電子専門学校では、基本情報技術者試験といったIT系の国家資格などの取得を目指しつつ、3Dプリンターなどの機材やCADソフトなど製作に関わる技術を身に付けていくことで、卒業後、企業内デザイナーとして働く際にも、将来的にデザイナーとして独立を考えた際にも役立てることができます。
南 :
既存の部品を利用するパターンが多いので、「デザイン+α」の知識がある人材なんですよ。ただ、そういった人材が非常に少ないのが現状です。そこで、製造業の観点に詳しい大音さんと、デザイナー観点の私で相談しながらこれからの現場で求められる人材を育成するカリキュラムを作りました。
大音 :
他学科のメンバーと交流して、ものづくりに関わることがプロジェクトを進めるための能力を高めることにつながると思います。
南 :
また、3Dプリンターと一口に言っても、メーカーごとに操作性や特徴も異なるため、使い方も様々です。補助金を使い3Dプリンターを購入する中小企業も多いですが、用途に合わない古い型であったり、社内で使える人がいないなどの現状は良く目の当たりにします。大阪電子専門学校で様々なプリンターの使用方法を覚えるだけでも重宝されるはずです。
大音 :
そういった実践的な知識と社会性を高めていくことができるコースということなんですね。
小堀 :
そうですね。特に3Dプリンターは、数年前に特許権が切れたのを皮切りに、各社一斉に参入が相次いでいる状況で、最近は値段も手頃な家庭用3Dプリンターなども登場してきました。そのため3Dプリンターの市場は、今後ますます大きくなると予想されています。これから入学される方が卒業するタイミングでは、「複数社の3Dプリンターが扱えるというデザイナー」の先駆者的な位置づけで活躍できるのではないでしょうか。


小堀 :
お2人はプロダクトデザインコースに向いている人ってどんな人だと思いますか?
例えば身の回りの製品で、「ここがもう少しこうだったら良いな」とか、そういう感覚がある人は向いているかもしれませんね。
大音 :
そうですね。“モノ”に対する好奇心があってほしいですね。デザイナーと言う名前が付くので、手先が器用であるとか、絵心がある方が良い、とイメージされる方が多いと思いますが、決してそうではありません。
南 :
同感です。僕自身、絵心がある方だとは思っていませんが、お客様の要望をヒアリングし、最終的にカタチにできることが重要だと思います。 
小堀 :
やはりコミュニケーション能力は重要になってきますね。
南 :
はい。それと形にするまでの過程や考え方も大切です。カリキュラムにも外部講師の方を招いて様々なデザインの考え方を学んでもらう機会があります。自分に合う考え方を選んで、知識を深めていってもらいたいと思います。 
大音 :
大阪電子専門学校のプロダクトデザインコースは実習の時間も多いので、完成までのプロセスを体験の中で学ぶことができます。
小堀 :
まずは3Dプリンターやレーザーカッターなど、さまざまな機械に触れる経験ができるオープンキャンパスに、ぜひ参加してみて欲しいですね。そこで少しでも興味が湧き、“ものづくり”が楽しいなと実感できたなら、プロダクトデザインコースに向いていると言っても良いかと思います。
プロダクトデザインコースの講師陣
Pick up授業
デザイン概論
生きたデザインの
知識を身につける

現役で活躍中のデザイナーを外部講師として招き、デザインの歴史や現在、社会に求められるデザイナーの考え方、働き方、価値観など、幅広くデザインについて学びます。

デザイン概論授業
デザイン実習Ⅴ (3D CAD)
デザイン現場の働き方を
OJT方式でシミュレーション

プロダクトデザインの現場では、3D CADデータを使った商品開発が一般的となっています。昨今の3Dプリンタ技術の発展により、「3D CADでデザイン→3Dプリンタで試作作成→3Dデータ修正」という流れは、より高速化、高精度化してきています。当カリキュラムでは、実際の流れに沿い、課題を複数回繰り返すことで、社会に求められるデザイナーの輩出を目指します。

デザイン実習授業